正しく服用しよう

SEXは人間だけでなく哺乳類の本質的な行動です。
しかしながら、人間においてSEXは単に子孫を残すためだけでなく
男女の親密なコミュニケーションの一つとなっています。
しかしながら、年齢が上がってくると勢力が衰えどうしても
男性の性器が勃起しなくなってきます。
また年齢によるもの以外でも、精神的な面から勃起しにくくなってくる場合もあります。
このように、勃起不全になることを医療ではEDと呼んでいます。
現在、日本のドラッグストアに行きますと
様々な精力剤が販売されています。
栄養ドリンクタイプのものや錠剤タイプのものもあり、
多くは漢方的な精力増強剤的意味合いを持った商品です。
一方で、医学的な方法としてこの勃起不全を改善する方法があります。
『バイアグラ』です。
バイアグラはファイザーという製薬会社が開発した性的不能治療薬です。
日本では1999年に正式に医薬品として認可され、
バイアグラを使用するためには医師の診断と処方箋が必要になっています。
しかしながら、バイアグラは現在医療保険の適応外の薬ですので、
全額自腹での購入になります。
バイアグラは医師の相談の下正しく服用して使用すれば、
男性機能を効率的に回復することが可能ですので、
これまでEDで悩んでおられた多くの中高年の方に非常に喜ばれています。
また、バイアグラのおかげで少し冷え切っていた夫婦仲がまた仲良くなったという
肩もたくさんおられます。
一方で、医師の診断を受けずにインターネット等で購入し、
服用方法を間違えたことによるトラブルも多発しているのも事実です。
そのため、病気の恥ずかしさから、安易にインターネットで購入することは
あまりオススできることではありません。
現在ではインターネットでも多数のバイアグアに関する輸入販売業者があります。
またバイアグラの格安販売をうたった、
ダイレクトメールや路上チラシも時々見受けられますが、
これらも後々トラブルになりかねません。
バイアグラは精力剤ではなく、医薬品つまり薬です。
医師の診断の下、正規品を適切な量を服用することが大切です。